STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,142より

(2020/05/26 16:21:18時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

掌篇歳時記 春夏

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ショウヘン サイジキ
出版社: 講談社
単行本: 194 ページ
ISBN-10: 4065151791  ISBN-13: 9784065151792  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.68

紹介

あまりにも美しい、四季を彩る“季節の名前”。古来伝わる「二十四節気七十二候」に導かれ、手練れの十二人がつむぐ匂やかな小説集。
麋角解(さわしかのつのおつる)、東風解凍(とうふうこおりをとく)、桃始笑(ももはじめてわらう)――あまりにも美しい、四季を彩る“季節の名前”。
古来伝わる「二十四節気(にじゅうしせっき)七十二候(しちじゅうにこう)」に導かれ、手練れの十二人がつむぐ匂やかな小説集。

二十四節気、七十二候
萌え出ずる春、青々と爽やかな夏、紅葉に染まる秋、しんと静まった冬――。四つの季節をそれぞれ六等分した“二十四節気”は、春の兆しが現れる立春、次第に夏めく立夏、夜が最も長い冬至などを示す。
それをさらに三等分した“七十二候”。暖かな雨が降り注ぎ大地が潤う「土脉潤起(どみゃくうるおいおこる)」、蛍が姿を現し始める「腐草蛍為(ふそうほたるとなる)」など、その時期に起こる出来事をそのまま名前にした。
移ろいゆく季節にここまで細やかに、そして美しい名前をつけた古(いにしえ)の人々。旧暦の魅力を、掌に収まるような十二篇の小さな物語を通して、感じてみませんか。

目次

瀬戸内寂聴「麋角解」
絲山秋子「雉始鳴」
伊坂幸太郎「鶏始乳」
花村萬月「東風解凍」
村田沙耶香「土脉潤起」
津村節子「桃始笑」
村田喜代子「雷乃発声」
滝口悠生「虹始見」
橋本 治「牡丹華」
長嶋 有「蛙始鳴」
髙樹のぶ子「蚕起食桑」
保坂和志「腐草為螢」
白井明大「いま季節の名前を呼ぶこと 二十四節気七十二候について」
powered by openBD
ほかのサービスで見る