Amazonへ


中古あり ¥1,437より

(2020/04/03 14:47:37時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ミズノ先生の仏像のみかた

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ミズノ センセイ ノ ブツゾウ ノ ミカタ
出版社: 講談社
単行本(ソフトカバー): 250 ページ
ISBN-10: 4065147603  ISBN-13: 9784065147603  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 718.021

紹介

仏像はどこから見たらいいの? 何でできているの? どんな人がつくったの?……仏像研究の第一人者がやさしく教える仏像のみかた。
仏像研究の第一人者がやさしく語る
いちばん詳しくておもしろい「仏像のみかた」

半世紀以上前から第一線で仏像を研究してきた著者が、
仏像のみかたや考え方を対話形式でやさしく解説。
目、耳、表情、体型、衣、彩色……など、仏像をみるときのポイントや、
時代ごとの特徴をイラストとともにわかりやすく説明しています。
銘文や納入品、技法、仏師などについても詳しく紹介。
さまざまな側面から仏像について語っています。
これまでの仏像本とは一線を画す内容で、初心者にはもちろん、
仏像に詳しい方にも楽しんでいただける一冊です。

【目次】
序章  仏像って、どうみたらいいの?
第一章 まずは仏像の顔からみる
第二章 少し離れて仏像の全体をみる
第三章 もっと離れて仏像のまわりもみる
第四章 仏像がどうやってつくられたかを知る
第五章 仏像のなかをのぞいてみる
第六章 仏像をつくった人たちについて知る
日本仏像史年表


「はじめに」より

如来は悟りを開いた仏陀の姿、菩薩は悟りを目指して修行している姿、明王は怒りの姿で人々を導く密教の仏、天は仏教を守護する神様……それぞれにかたちのきまりがあります。しかし、これについては多く出版されている仏像入門書にまかせて、ここでは仏像の作者がどのような仕方で、何を表現しようとしたのか、どのような祈りにこたえようとしたのか、それに迫る手立てとしての「仏像のみかた」について考えてみることにします。(中略)
教室で講義するような堅苦しい感じではなく、お茶やときにはお酒を飲みながら気軽に話しましたが、ときどき脱線しそうになったり、少し専門的なところもあったりします。難しいと思うところは、はしょっていただいてもかまいません。とにかく最初から最後まで通して読んでいただければ、仏像のみかたにいろいろあることがわかり、こんな角度からみるのもおもしろいかなと思っていただけると思います。
powered by openBD
ほかのサービスで見る