Amazonへ


中古あり ¥242より

(2020/04/09 14:38:48時点)

耳なし芳一・雪女~八雲 怪談傑作集 (新装版) (講談社青い鳥文庫 66-4)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: シンソウバン ミミナシ ホウイチ : ヤクモ カイダン ケッサクシュウ
出版社: 講談社
新書: 253 ページ
ISBN-10: 4062850338  ISBN-13: 9784062850339  [この本のウィジェットを作る]

紹介

日本に伝わるこわい話、ふしぎな話に魅せられたラフカディオ=ハーンは工夫をこらして物語にまとめた。代表作20話を美しい訳で。
西洋人ラフカディオ=ハーンが魅せられた、日本に伝わるこわい話、ふしぎな話。工夫をこらして物語にした代表作20話を美しい訳で。表題の『耳なし芳一』や『雪女』をはじめ、のっぺらぼう、ろくろ首など、今も読みつがれている小泉八雲の怪談・奇談20話を収録。巻末の訳者解説で、小泉八雲の数奇な生涯も紹介。


琵琶を弾きながら、源平の物語をみごとに語る芳一は、平家の怨霊にとりつかれてしまいます。芳一を守るため、おしょうは芳一の体じゅうにお経を書きますが、両耳だけ書き落としてしまい……。(『耳なし芳一』)

表題の『耳なし芳一』や『雪女』をはじめ、のっぺらぼう、ろくろ首など、今も読みつがれている小泉八雲の怪談・奇談20話を美しい日本語訳で。人気絵本作家・黒井健による、29点の情緒あふれる挿絵もお楽しみください。

巻末では、訳者による解説「西洋の心、日本の心 -小泉八雲のたどった道ー」で、いまも愛され続けている作家・八雲の数奇な生涯を紹介しています。

<日本の名作 小学上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

目次

耳なし芳一
雪女
むじな
おしどり
鳥取のふとん
ろくろ首
乳母ざくら
果心居士の幻術
羽を折られた天狗
十六ざくら
えんま大王の前で
人を食う鬼
茶わんの中の顔
やなぎの木の霊
ちんちん小ばかま
玉の願い
力ばか
がま
氏神のやくそく
かがみの少女
解説 西洋の心、日本の心 ー小泉八雲のたどった道ー 保永貞夫
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

小泉八雲作品がお好きな方にオススメ

怨霊を前に平家物語を語る琵琶法師の話や吹雪の夜に漁師と出会う雪女の話。誰しも一度は耳にしたことがある恐ろしくも物悲しいお話。昔読んだから…と思わずに読んでみますと、また新たな発見があるかもしれません

こわいケド、見たい聞きたいという人にオススメ

子どものころ、おばけとか妖怪の話は、怖いケド聞きたくて、知りたくて、読みたくて・・・・想像力をかりたてらたものだ。『らふかでぃお・はあん』て誰よ?