Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/03/30 23:18:59時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

米朝ばなし (講談社文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ベイチョウ バナシ
出版社: 講談社
文庫: 489 ページ
ISBN-10: 4061833650  ISBN-13: 9784061833654  [この本のウィジェットを作る]

紹介

稀代の名人・桂米朝の昔語りがたっぷり。落語が好きでたまらない人にも、探訪記やエッセイを愛する人にも、かけがえのない一冊!
親しまれ続けた落語の主人公ゆかりの場所100箇所あまりを、上方諸地に訪ね、その数々を名文で語った、笑いの巡礼記ーー。古典落語の世界は、庶民がその人生の哀歓を生きた社会である。横町のきいやんや大家の娘(とう)さんの姿を、「三十石船」のくだった淀川、「野崎参り」の道筋からすくい出し、彼らの息吹きをよみがえらせる。軽妙な語り口で紡がれ、かえらぬ上方のいにしえが見事に活写される、「もうひとつの落語」がここにある。稀代の名人・桂米朝の昔語りがたっぷり。落語が好きでたまらない人にも、探訪記やエッセイを愛する人にも、かけがえのない一冊!
powered by openBD
ほかのサービスで見る