Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/04/07 00:56:13時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

キャラクターメーカー―6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (アスキー新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キャラクター メーカー
出版社: アスキーメディアワークス
新書: 262 ページ
ISBN-10: 4048700049  ISBN-13: 9784048700047  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 726.107

紹介

ライトノベルやまんが、アニメに登場する「キャラクター」は、作品の成否を決定づけるだけでなく、商品として消費され、あるいは二次創作に使用される。そのようなキャラクターは、どうやってつくれば魅力的になるのか?古今東西の物語理論を自在に応用し、「私」が反映されたキャラクターをつくりだす決定版マニュアル。

目次

序 「キャラクター」とは「デザイン」するものではない
第1講 アバター式キャラクター入門
第2講 トトロもエヴァンゲリオンも「ライナスの毛布」である
第3講 手塚キャラクターは何故テーマを「属性」としているか
第4講 雨宮一彦の左目にバーコードがあるのは何故か
第5講 自分からは何もしない主人公を冒険に旅立たせるためのいくつかの方法
第6講 影との戦い
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

小説の書き方がわからない人にオススメ
小説を書き始めるときに読みたい6冊
by よっぷぃさん 1087回閲覧 2012/02/16公開

キャラクターは、どうやってつくれば魅力的になるのか?古今東西の物語理論を自在に応用し、「私」が反映されたキャラクターをつくりだす決定版マニュアル。

物語を書いてみたい衝動にかられた人にオススメ
Let's 語り部!
by 魚住すくもさん 2049回閲覧 2010/11/19公開

キャラクターをどのように創っていけばいいかが書かれています。キャラクターの設定ってもうすでに、物語になっているんだなぁーって思います。