Amazonへ


中古あり ¥1,000より

(2020/03/31 22:04:51時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

心の傷を癒すということ (角川ソフィア文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ココロ ノ キズ オ イヤス ト イウ コト
出版社: KADOKAWA
文庫: 256 ページ
ISBN-10: 4043634013  ISBN-13: 9784043634019  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 493.74

紹介

心的外傷後ストレス障害(PTSD)。阪神・淡路大震災は人々の心に、癒えない傷を刻み込んだ。傷つく心とは。心のケアとは。自らも被災しながら、精神医療活動に奔走した、ある精神科医の魂の記録。
NHKドラマ「心の傷を癒すということ」(主演/柄本佑)で感動の声続々!

 ■2020年1月18日-2月8日 全4話放送
 ■2020年3月1日 スペシャル版放送

自身に向き合い、困難に向き合い、
被災者の「心の傷」に寄り添い続けた
精神科医・安克昌による魂の記録!

第18回サントリー学芸賞受賞作。


序/中井久夫、解説/河村直哉

第1部 震災直後の心のケア活動
一、私の被災体験
二、精神救護活動はじまる
三、直後に発症した精神障害
四、精神科ボランティアの活動

第2部 震災が残した心の傷後
一、PTSDからの回復
二、死別体験と家族
三、その後の心のケア活動
四、避難所と仮設住宅の現実

第3部 災害による〈心の傷〉と〈ケア〉を考える
一、〈心の傷〉とは?
二、〈心のケア〉とは?
三、災害と地域社会


イライラする子どもたち、災害マニー(躁病)、精神障害の再発と悪化、PTSD(心的外傷後ストレス障害)――災害がもたらした「心の傷」とは何か。そして本当の「心のケア」とは。阪神・淡路大震災で自らも被災し、すべて手探りから始まった精神医療活動。震災直後とその後のケア、避難所や仮設住宅をめぐる現実、救援ボランティアの役割など、心のケアに奔走した精神科医・安克昌が、被災地から発信した克明な記録。
powered by openBD
ほかのサービスで見る