Amazonへ


中古あり ¥1,380より

(2020/04/06 21:03:28時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

天保の虹

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: テンポウ ノ ニジ
出版社: 偕成社
単行本: 373 ページ
ISBN-10: 4037446308  ISBN-13: 9784037446307  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

白狐魔丸は江戸の大泥棒・鼠小僧と出会う。大坂では、飢饉に苦しむ民を救おうと、大塩平八郎が反乱を企てていた。
約130年ぶりに江戸の町をおとずれた白狐魔丸は、大泥棒・鼠小僧次郎吉と出会う。盗んだ小判を町屋の屋根からばらまくことで知られた鼠小僧だったが、それはにせ者のしわざだった。にせ者のことが気にくわない吉野の狐・雅姫に命じられ、白狐魔丸はその正体を追うが……。
為一と名乗る画家・葛飾北斎との旅に同行したのち、白狐魔丸は仙人のすすめで大坂へと向かう。そこで出会ったのは、白い狐の面をつけた盗賊と、それを追う与力・大塩格之助。格之助の父・大塩平八郎は、凶作が続き、飢饉に苦しむ民を救おうとしない幕府や奉行所に怒り、反乱を企てていた――。

時代をこえて生きる狐・白狐魔丸の目をとおして、人間社会の不条理を見つめる。鼠小僧や葛飾北斎、大塩平八郎など、虹のように多様であざやかな登場人物たちに彩られる、大好評・歴史ファンタジー第7弾。
powered by openBD
ほかのサービスで見る