STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥218より

(2020/05/29 19:23:07時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

自由を耐え忍ぶ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジユウ オ タエシノブ
出版社: 岩波書店
単行本: 219 ページ
ISBN-10: 400023403X  ISBN-13: 9784000234030  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 311

紹介

9・11事件後、アフガニスタン戦争は「不朽の自由作戦」と名づけられ発動された。アフガンで、イラクで、自由を付与するとの美名の下に、数多の民間人が殺され、傷ついた。彼ら彼女らにとっての「自由」とは頭上から降り注ぐ爆弾のように、耐え忍ぶものなのだろうか?軍産複合体が肥大化し、市場が国家と融合した。人々の生活のあらゆる局面に産業化・市場化が浸透し、自由までもが規律化された。戦争や強制収容所が民営化されていく。知的財産は企業によって囲い込まれ、平等に享受しうる情報や自由が収奪される。グローバリゼーションに関わる最新の文献を踏まえ、9・11事件後に世界各地で進行する事態をおさえながら、新たな社会運動へ向けて批判的想像力を羽ばたかせ、市場の社会的深化に抵抗するオールタナティブを探る。

目次

第1章 劣化する民主主義
第2章 暴走する市場
第3章 自由とパノプティコン
第4章 知の囲い込み
第5章 風変わりな資産
第6章 戦争の民営化
第7章 自由の再生
第8章 民主主義の再考
powered by openBD
ほかのサービスで見る