Amazonへ


中古あり ¥1,266より

(2020/03/30 06:39:30時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウミ オ ワタル イアンフ モンダイ : ウハ ノ レキシセン オ トウ
出版社: 岩波書店
単行本(ソフトカバー): 160 ページ
ISBN-10: 4000222325  ISBN-13: 9784000222327  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 329.67

紹介

「米中韓が連携し、「慰安婦」問題で日本を攻撃している」。そんな危機感を抱く歴史修正主義者たちは「歴史戦」と称して、アメリカなど海外への情報発信を強めている。ネットによる情報拡散のみならず、現地での集会や訴訟も展開。政府も加わった「歴史戦」の実態を詳細に報告し、歴史認識と政治のあり方を問う。

目次

第1章 「歴史戦」の誕生と展開(「歴史戦」前史-転機としての「一九九七年」
情報戦-第一次安倍内閣時代の右派論壇 ほか)
第2章 アメリカ「慰安婦」碑設置への攻撃(日系アメリカ人が「慰安婦」碑に反対しているという誤報
実態のない「日本人いじめ」 ほか)
第3章 謝罪は誰に向かって、何のために行うのか?-「慰安婦」問題と対外発信(マウマウ記念碑
「連累(implication)」という概念 ほか)
第4章 官民一体の「歴史戦」のゆくえ(男女共同参画批判と「慰安婦」否定論
一九九〇年代の歴史修正主義と「慰安婦」否定論 ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る