Amazonへ


中古あり ¥1,430より

(2020/04/09 01:44:36時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

岩波講座 哲学〈12〉 性/愛の哲学

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: イワナミ コウザ テツガク
出版社: 岩波書店
単行本: 272 ページ / 721.0 g
ISBN-10: 4000112724  ISBN-13: 9784000112727  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 108

紹介

存在の根底にあるもの。生/生存のポリティクスの現在と系譜とを問い、性/性愛の新しい問題圏を拓くために近代の外を望見する。

目次

展望 女性、家族、そして性愛の探究へ-宮迫千鶴からの眺望
1 思想史の在庫点検(フィリア・エロース・アガペー
非西洋圏における性愛、性/愛-中国の性の歴史の見られ方から
近代思想における「愛」の虚偽
ダーウィン、フロイト-剥き出しの性/生そして差異の問題)
2 性/愛の問題圏(性・生殖・次世代育成力
家族・親密圏・根拠地-親密圏の脱・暴力化と「自己領域」
性の商品化-性の自己決定とは
老いと介護の倫理)
探究 性/愛はいかにして可能か-エロスの問いを探究する
概念と方法
テクストからの展望
powered by openBD
ほかのサービスで見る