Amazonへ


中古あり ¥2,229より

(2020/03/30 07:27:49時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

現代数学の流れ〈1〉 (現代数学への入門)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ゲンダイ スウガク ノ ナガレ
出版社: 岩波書店
単行本: 182 ページ
ISBN-10: 4000068857  ISBN-13: 9784000068857  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 410.2

紹介

理論の建設現場を垣間見ることで、目に見えない数学の実在性を感じとることが可能になる。本書では、古代ギリシャから現代まで数学がどのように展開したか、無限のものをどう数えるか、高次元空間を幾何学的にどう把握するか、代数幾何学、20世紀後半に起きた古典数学の再発見、という5つの観点から数学の建設現場を眺める。

目次

第1章 現代数学への歩み(古代ギリシャの数学
インド、アラビアの数学 ほか)
第2章 無限を数える-選択公理をめぐって(無限を取り出す
無限を量る ほか)
第3章 高次元の発見(高次元への旅のはじまり
高次元の幾何学が目指すもの ほか)
第4章 激動の20世紀代数幾何学(代数幾何学前史
19世紀代数幾何学 ほか)
第5章 よみがえる19世紀数学(古代史と数学
ソリトンの発見 ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る